12/18Gv
2005年 12月 19日  
今回はNBEAとのお祭りでちょっと人が多いGvです。
前回のBEAとのお祭りは防衛だったので今回は攻めということに。
攻め先は当然現状Eir鯖No.1のJAL同盟です!
今回も鳥2匹使っての参戦です。
まぁGv前に四葉ロザ作ったから試したかっただけだったり(*ノノ)
開始前のベースの人はこんな感じでした。
c0046209_1749593.jpg




攻めるに当たって、とある方が前々から色々と攻め方を考えていてくれたんですが、いろいろあって普通にスタダから2時間攻めることに。

しかし、まずここでお祭りってことでPT・G編成にかなり時間がかかってしまい結局砦前に着けたのは開始2,3分前でJALはすでに準備万端でした。

とりあえず砦の中に鳥(弱)をおいて開始時間を計ります。
復帰Pに戻った時点でIRCで報告してスタート!!

・・・WP詰まってます_| ̄|○
砦前に両同盟合わせて100人以上いるわけで、そりゃあつまりますね(ノ_・。)

まぁなんとか入ってみると相変わらずスタダ対策も激しい。
ロキ・ブラギ・忘れないであり、MBrもされてたのかな?
Wizは一気に殲滅されないように旗の裏付近と進行方向の2箇所に分かれて配置されています。
ここで俺はマステラをSCに入れ忘れてて即死・・。
ごめんなさい(ノ_・。)

2回目に入って今度はなんとか第1MAPを抜けたあたりで3GともにEmCを使われスタダ失敗。
スタダ対策もマスターのERへのすばやい移動もかなり徹底されてますね。
正直今のEirではどの同盟でも普通にやったのではJAL相手に効果的なスタダはできないと思います。

スタダは失敗ってことでここからは3GのアスムEmCを使った波状攻撃に切り替えます。
ERにはいってみるとこんな感じ。
c0046209_17503677.jpg

ロキ2枚でクランクまでカバー、ロキ内の通路の端に多数の前衛を配置、ロキを抜けた先には罠&阿修羅&忘れないで、WP裏に教授2人、WP付近に聖体、無所属教授のMBrあり。
なんか前回よりさらに強固なラインになってますね。
教授3人とかうらやましぃ・・・。
ちょっと前に阿修羅が少ないって聞いたけど見た感じ4,5人はいるし足りない職ってのがほとんど見つからないですね。

とりあえずWPジョークを何度も繰り返してたけどやっぱりWP裏の教授が曲者です。
ディスペル、ソウルバーン、蜘蛛糸がかなりうざかったです。
弾幕のほうもMBrによる魔法威力の底上げに加えSpPやSBr、ArVなどの物理火力も混ざっていてアスムがないときに捕まるとこうなります。
c0046209_180619.jpg

アスムがあってもすぐディスペルかキリエされるし(ノ_・。)

途中LPが何度か決まったりしましたが即張り返されたのかな。
無詠唱SGもしたけどあまり減っていなかったようです。

しばらく攻め続けているとRKが追加。
第2MAPの終わりで無差別に攻撃をしていました。
これで攻めの回転が悪くなってまともな攻めができない状態に・・・。
2時間攻めの予定でしたがこれでは今までのような攻めはできないと判断してgdgdになるまえに転戦。

転戦先はB3の新婚同盟。
派兵に行っていたようで結構すかすかなライン。
1度ERを見に行って中の様子を報告しまた入ってみるとちょうどCCがEmCをした直後でそのままラインを作ったようです。
ここは相変わらず阿修羅の数が多いですねぇ。
c0046209_1756014.jpg

魔法はMBrしてあったけど薄かったのかな?
1度単騎で入って捕まったときも回復が切れるまで耐えてました。
とりあえずここでも何度かWPジョークを繰り返して、何度目かの突撃で崩せたようでそのまま制圧。
今回は鳥の数が多かったのと俺だけ献身対象外だったのでブラギとジョークをやってました。
新婚のカウンターが少しきて1度Wiz地帯までLKが1人来たりしましたがほぼ被害を受けずに排除し、その後の攻めもシャットアウト。
その後B3は暇防衛でした。

派兵はC3のレースに行ったけど1度もERにたどり着けずに終了。

c0046209_17572387.jpg

おつかれさまでしたー。

今回は事前の計画が前日になって急に白紙になったりしていたので全体通してかなりごたごたでした。
PT編成も予定したより人数がかなり増えたため時間がかかっていたようです。
そこら辺は事前の準備が問題だと思うので次回以降は徹底していかないとね。
他にも反省点は色々あるけど割合。
[PR]
by ratix | 2005-12-19 15:01 | Gv |
 
 
<< 名前ばとん ページトップ BOSSMAP >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon